スポンサーリンク

[ざっくりわかる]マインドフルネスの効果、活用方法(英語付)

仕事

「マインドフルネス」についてのアウトプットです。

What does this article solve ?:この記事で解ける疑問は?

  1. マインドフルネスってなに?
  2. どんな効果があるの?
  3. どう使えばいいの?

Straight to the point:結論から言うと

  • 難しくないし、自己成長にかなり効果があるのでやった方がいいです
  • グーグルなどの大企業も取り入れているので組織、チーム単位で導入すると良いです

説明していきます。

What1:マインドフルネスってなに?

  1. マインドフルネス=今、この瞬間に集中していること、心を今に向けた状態です。
    *よく「禅」、「瞑想」などと一緒に使われている言葉です。

What2:マインドフルネスの効果は?

マインドフルネスの効果として以下が考えられます。

  1. ストレス耐性が向上する(海馬が厚くなるため)
  2. 集中力、意思決定の質が向上する。(前帯状皮質が活性化されるため)
  3. 感情コントロール力が向上する(扁桃体の反応が緩やかになるため)
  4. セルフマネジメント能力、自己認識力が向上する(感情コントロールが向上することによって自分自身を俯瞰してみれるようにもなる)

Why:なぜマインドフルネスが大企業などで重要視されているのか

個人、各チームのストレス耐性、感情コントロール、集中力、意思決定力、自己認識力が向上することにより以下のように成長できます。

  1. 個人能力が底上げされる
  2. リーダーシップ力が向上する(自己認識力)
  3. 人間関係が向上する(感情コントロール、自己認識力)
  4. 組織力も向上する(個人の自己認識力を相手に対して使うことによって心理的安全性を構築することが出来る)

How:具体的なマインドフルネスのやり方は?

個人で出来るのは以下の2つです。

マインドフルネス瞑想

  1. 背筋を伸ばして椅子に座り、足裏を地面につける。
  2. 太ももの上に両手を乗せ、目を閉じる。(もしくは半目)
  3. 腹式呼吸をして呼吸に注意を向ける。
    *重要なのは今この瞬間に集中すること。(心を無にするのではない)

ジャーナリング(書く瞑想)

  1. 自分でテーマを決め、テーマについて思いつくことをひたすら書き続ける。(2-3分で十分)
  2. 書いたのを俯瞰してみると自分の思い込みや固定観念がわかる

English:英語で何ていうの?

*TOEIC 985点取得済み。詳しくはTOEIC 985点取得までの記録、勉強方法からの学び(英語付)をどうぞ。
*完璧な訳ではなく、意味、雰囲気が伝わるような単語、言い方で考えています。具体的な文章は自分で組み立てみてください。

  • マインドフルネス: mindfulness
  • 今この瞬間に集中する:concentrate the mind on the present moment./Focus on the present moment.
  • 自己成長:self-growth
  • ストレス耐性があがる:Increases stress tolerance, I deal with stress well.
  • 自己認識力:self-awareness
  • 大企業:Large company, Major enterprise
  • 組織力の向上:increase the organization’s power
  • 背筋を伸ばす:Stretch your spine/straighten your back
  • 腹式呼吸:belly breathing, deep breathing, abdominal breathing

Action Plan:おすすめアクションプラン

  1. 一日のルーティーンにマインドフルネスの時間を組み込もう
  2. 余裕がある人は、チームなどでの導入を計画してみよう

もっと知りたい人は下記の本がおススメです。

ひとつの意見・考えとして必要に応じて参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました