スポンサーリンク

[重要]新入社員時代に知っておきたかったフィードバックについての考え方

仕事

「フィードバックの受け取り方」についてのアウトプットです。

After reading this, you will:読んだあとどうなるの?

  1. フィードバックの理解が深まり、見方が変わる
  2. 簡単にはモチベーションが下がったりしなくなる
  3. フィードバック(コンストラクティブ)をもらうとき、出すときの注意点がわかる

Straight to the point:結論から言うと

  1. フィードバックをもらうのは悪い事じゃない
  2. フィードバックは「ダメ出し」ではなく、成長、気づきの大きなチャンスとして捉えよう

What:フィードバックってなに?

  1. フィードバック=仕事の結果、行動を評価し、相手に対して伝えること
  2. 主にポジティブフィードバックとコンストラクティブ・フィードバックに分けられる
    *この記事では主にコンストラクティブ・フィードバック(改善を求める)の受け取り方ついて書きます

Why:なぜコンストラクティブ・フィードバックを正しく理解するのが重要なのか

  1. しっかりと理解していないと自信のモチベーションが大きく下がり、職場環境に大きく影響してくるから(単なる「ダメ出し」と感じている人は要注意です。)
  2. コンストラクティブ・フィードバックは自分の成長には欠かせないから
  3. 中にはコンストラクティブ・フィードバックを上手く受け入れない人もいるから

How:上司、同僚などからコンストラクティブ・フィードバックをもらう時に意識すること3点

新入社員の時から下記の事を知っておければ色々モチベーション落ちたりすることは少ないかもしれません。

  1. コンストラクティブ・フィードバックは自分の気づいていないエリア(盲点の窓)を小さくすることというのを理解する(ジョハリの窓でいう盲点の窓です。)
  2. 問題が大きくなる前に早めに修正した方が後になって気づいて直すより時間もかからないという視点で受け入れる
  3. フィードバックの内容は事実、自分の行動についてであって、人として自分が批判されているわけではないのを理解する

For people managers:部下を持つ立場の人たちへ

  1. 部下にフィードバックを出す際、部下が「フィードバック=ダメ出し」と認識しているとモチベーションが大きく下がる可能性もあります。
  2. 事前にジョハリの窓などを使ってフィードバックはダメ出しではなく、自分の知らない部分を減らし、自分の把握している部分を増やすためのサポート、チャンスというのを説明しましょう
  3. あくまでも事実、行動に焦点をあて、相手を人として批判していると考えられる言動には最新の注意を配りましょう

フィードバックはため込まずに、出来るだけ早く共有してあげた方がいいです。(後回しにすると、「なんで早く言ってくれないんだ」という風にも解釈される場合もあります。)

English:英語ではなんていうの?

*TOEIC 985点取得済み。詳しくはTOEIC 985点取得までの記録、勉強方法からの学び(英語付)をどうぞ。
*完璧な訳ではなく、意味、雰囲気が伝わるような単語、言い方で考えています。具体的な文章は自分で組み立てみてください。

コンストラクティブ・フィードバック:constructive feedback
成長のチャンス:opportunity for growth
問題が大きくなる前に早めに直す:fix problems before they get bigger
仕事の結果、行動としてであって、人として自分が批判されているわけではないのを理解する:Understand it’s about your job performance/behavior, not about yourself as a person.
盲点の窓:Blind self

Action Plan:おすすめアクションプラン

  1. フィードバックは相手からのプレゼント(知らない事を教えてくれてありがとうetc)と考えよう
  2. 積極的にフィードバックを求め、改善に取り組む事で自己成長していこう
タイトルとURLをコピーしました